ワールドエンド
    著・榊蔡‐sai sakaki




  コロニーの天窓がおとす日溜まりのすぐとなりで、わたしたちは籐の籠に山積みになったジャガイモを、ひとつずつ洗ってゆくのでした。各々がカメノコタワシを手にしていて、水をはったタライをぐるりと囲みながら、一様に微笑をうかべつつ黙々と洗ってゆきます。そう、わたしたちはみなとてもよく似ていて、それなのに膨大な時を共にすごしてきたものだから、たとえ会話をすることがあったとしても、どちらが話し手で聞き手であったのかさえ、記憶違いにしてしまうこともあるくらいなのです。

  いくつも細い指先が、タライのなかで水を弾く可愛らしい音が静かでした。わたしの正面にしゃがんでいる少女が、ジャガイモを水のなかに浸した手で前髪をはらうと、親指の付け根で眉のあたりを撫ぜたあと、上向かせた眼差しの目をつぶさにそこで見張りました。かのじょはそう、きっと、あの方の姿を目にしたのでしょう。あの方はいま、わたしの背後をこちらへむかい、歩いてくるところなのでしょう。
  果樹園の下生えを踏みならす静かな足音を、首筋のあたりではこそばゆく聞いたあと、あの方の沈静に澄んだ声が聞こえたのでした。やあ、みんな、といつものように声をかけ、古い廃棄衛星が海上に落ちてくるはずだから、みなでそれを見にゆこう、というのでした。わたしがスカートのなかでつまさき立ったそのしゃがみかたのまま躰を回し見あげると、天窓のサンに分けられた光芒のなかで見えていないあの方の笑顔を、けれどはっきりと心の目で見ることができたのでした。あの方はわたしたちが立ち上がり、スカートをはたいたり髪を結わえなおしたりしているあいだもきっと、その笑でみなを見守ることでしょう。大きな水筒を肩に掛けておいででした。海辺の潮風を吸い込むと甘い物が食べたくなるだろうから、バニラクリームを挟んだクッキーを持ってゆき、温かいコーヒーで食べようというのでした。わたしたちはとてもそれを喜んで、みな各々の部屋へ支度をしにゆきました。光の筒が立ち並ぶ果樹園の林間をまっすぐに抜け、かつて世界を終わらせたときに、ありとあらゆる動く物を光の記号で保存したといわれる黒々とした石碑を横目に歩いてゆくと、ぐるりと果樹園をまわりこむ石造りの外壁にならんで、わたしたち一人ひとりに与えられた、簡素な小部屋があるのです。
  わたしがつかう小部屋には、寝台と背もたれのある木椅子と、わずかな着替えを収納する壁に埋め込まれたクローゼット、そして胸像が納まる程の大きさの壁掛け鏡があるのでした。書庫から借りてきた一冊の本が整えられた寝台の上に投げ出されています。長細い間取りをむこうから下ってくる窓外の明かりが、床板で艶めいたワックスの表面を輝かしています。わたしはそのなかを進み窓辺に近寄ると、窓外に照らされるこの顔を鏡のなかに映しました。といた髪にブラシをとおし、わたしはわたしの結わえ方、ゆるく結わえて利き腕側から前にまわす結わえ方をして、鏡像と見つめ合い、笑顔をためしてみるのでした。肩掛けを羽織り、ハンカチを皺のないものに取り替えると、あの方がまつみなのもとへと、少し早足でむかうのでした
  各々がやはり肩掛けを羽織っていたのでした。わたしたちは石と多くのガラスからなるコロニーの外へでると、東の海岸を目指し歩き出しました。クッキーの詰まったバスケットを手に、髪をひとつにしっかりと結わえた子が先頭を歩き、その後をおさげで結わえた子が、そしてその後を少し離れ、背の高いあの方が歩いたのでした。わたしは耳の上で二つに結わえた髪を揺らしながら歩く子の後を歩き、わたしの後ろには、あつめた髪を玉にした子がつづいたのでした。空は晴れたところの青さと断雲とのコントラストがとても強く、雲の縁をなめた陽射しが照度をもたらすときなどには、ほんとうはこの世界に投影されているだけにすぎないわたしたちの姿が、霞んだり乱れてしまったりすることもあるのでした。ふたたび断雲が掩蓋すると、裸の腕が冷え冷えとなるのです。
  海岸線は大小様々な正立方体からなる地形をしています。それらはキューブと称されるものであり、この世界が終わってしまうまでは、組み合わされることにより多彩な機能をもっていたものでした。それには手のひらに並べられるようなものからわたしたちの背丈にまでおよぶものもあり、磨かれた黒曜石のような表面のものから、ガラス質であり、内部の曖昧な構造がうかがえるものまであるのでした。世界が終わってからの年月が積み上がるその山の上に土壌を堆積させたのでした。そしてその上に植物は根付き、所々にキューブを露出させたままの山塊は、いつしかノアとよばれるにいたる、地球に残された唯一の孤島であるこの島を、形作ることとなったのです。
  わたしたちはキューブの露出した山間の隘路を、またそれらがほとんど埋没した平原を足取り海岸線にむかいました。わたしたちのコロニーがある島の中央部を離れるにつれ、キューブの露出はしだいに顕著になってゆきます。ゆるやかな丘の木立の影でひっそりと冷えるその面に手を触れると、あの方はわたしたち一人ひとりに語りかけるように、これらはそのむかし多彩な形状をしていたんだよ、とそして、けれど覚えていることが困難になったから、みんな同じようなカタチになったんだ、と繋ぎました。わたしはわたしたちがみなとても似ていることと同じなのかあの方に問うことを躊躇いました。あの方はわたしが問おうとし躊躇ったことを酌み取ったふうな目配せを行く手へとむかわせ、さあ、と声をかけ、するとみなもとのように歩きだしたのでした。
  海にむかう平らな丘は、わずかな勾配でながくつづき、それだから水面を見たときにその高低差が意外でした。切り立った斜面に露出したキューブのあいだを葛折る小径が、下のほうまでは見通せずにつづいています。わたしたちはむかってくる潮風にそれぞれの髪を撫ぜられながら、所々にキューブの山を頭出す海面の、凪いだ煌めきを目にその小径を下ったのでした。
  古くなった廃棄衛星が落ちてくるのを待つ場所として、突出したキューブが偶然に整列したようなところを、あの方が選びました。わたしたちはあの方を挟んでそこに座り、海にむかって足を自由に揺らしたりし、また隣の子を見たり、海の輝きを見たりしたのでした。この島を離れると、眼下から彼方まで、海面しか見られない海が、どこまでもつづいているのです。輝きの明暗のパターンを敷き詰めた海面が、曲率のはっきりした水平線まで、つづいているのです。わたしはしだいにほんとうは触れていない海からの風に、わたしがいま感じていることすらもが運ばれていってしまうのではないかという思いになりました。そんなときとなりの子につつかれて横向くと、一人分を紙に包んだクッキーを、彼女が手渡してくれたのでした。耳の上で結わえた海のほうの髪が、丘にむかう風でその微 笑みを横切っています。わたしはわたしが彼女のように髪を結わえてみたなら、どんな気持ちになるのかと少し、思ったのでした。
  あの方がカップにコーヒーを注ぐと、一列にならび腰掛けるわたしたちの手から手へ、それがわたってゆきます。とくに肌寒さを感じていたのではないけれど、みな一様にカップを包む両の手を温めているような様子でいます。わたしたちは誰しもがまだクッキーをくちにしていません。コロニーで暮らすわたしたちが発想できるお菓子のなかで、それは贅沢なものの一つなのです。わたしたちは揃ってはじめの一枚をくちにしたでしょう。コーヒーの香りを鼻先に嗅ぐと、バニラクリームの甘さを共に、嚥下したのでしょう。
  残りのクッキーは紙を敷いてスカートの上に、カップをキューブの面に置いたわたしたちは、古くなった廃棄衛星が落ちてくるのを、歌を唄ってまつことになりました。あの方がわたしたちにそう願ったのです。わたしたちはあの方の願いで歌を唄うようなことをこれまでにもよくしたものでしたが、世界はもう終わっています、それだからわたしたちの歌には歌詞がなく、きまってルを唄うこととなるのでした。音楽のなかにもとからある旋律を選びだしては、みなで単一のメロディーで唄うのです。わたしたちは古くなった廃棄衛星が落ちてくるまでのあいだずっと、海にむかってそんな歌を唄いつづけていたのでしょう。たとえ潮風にさらされつづけたとしても、世界はもう終わっています、コーヒーが冷めるようなことすらもないのです。さきほどあの方がいったように、かつては楽器というものの部品であったのかもしれない小さなキューブが、わたしたちの歌に共鳴するささやかな音が、周囲にただ少しだけ、散在するくらいなものなのです。


  <了>



  2008/06/15 sai sakaki


all reload