ドライドセフィラー

世界から
わたしの躰が
無くなろうとしていた

幾束もの千年が流れる海流のような大気のした
薄っぺらな
二枚の網膜だけが
取り残されているのであった

時として
――の豪雨や落雷
およそそれ以外のすべてである乾季
石化
風化
多大な風葬
こわい皮膚のトカゲと
その眼球
――に映るまとまった量としての乱雲
乾燥の大地はしる
狂ったようなその
影の群れ

二枚の網膜のうしろ
かつての海馬のあたりに
かつての頭頂を貫いて落ちてくる
ひとすじの落砂がある

水車のようにそれを受ける回転体
それが
おおよそ個としての
わたしの思考
――すべてであった

そのまま
風も吹けば陽射しているこの大地に
音も聞けず触覚もない幾束もの千年が
流れてゆく

或いはこれからも
流れてきた

狂ったようなその影の群れが
大地を風向きで奔流する





all reload