水の竪琴

永遠の岸辺
音無しの風のした
雄大な海洋と面しながら
潮騒はやさしい
悠久の水鏡

竪琴は砂に半ば
乙女の指尖待つそこで寄せる瀬を識るが喪失を兼ねる

刻に鳴ればそれ
琴の音だけが感応とただ
瀬を識ればそれ
断ち消えるまでの一時がただ

瀬は寄せる
竪琴が震え
空間に心を波及させる
鳴る今がそれ
世界に色彩を広げゆき
雰囲気を滲み出させる
鳴る今だけが
唯一の認識

瀬は
必ずや返る
思いを
生まれた速度で洗い流し
泡沫を散らし
そしてこれまでのように
竪琴は未だ其処に在る

いつか一人の乙女が
――喉を潰した
いつか音を失い
――色を忘れる
いつか現われ
永遠の岸辺で限りない空を見あげる

聾唖の娘は
膝を抱え
色弱の瞳で竪琴を微笑む
思う色をつける
思う音を奏で
思いを詩にした
その
初めての言葉

娘は唄う
娘は彩る
娘は気持ちを動かしながら
太古の水境でおなじ姿を垣間見る――
予見した

娘は躊躇う
爪尖で砂を掻く
瀬が埋める
すこし冷たい

息を呑むと
渚が当然を振る舞う
波は泡たつ
潮騒が意識を包囲し
一斉に溢れ返る
見ていると綺羅綺羅とする
音が速度を
追ってゆく

渚は当然を振る舞う
寄せては返しと
繰り返し
繰り返していた

永遠の岸辺
姿は無い
竪琴も消えて



風

空

記憶

とそのうた





all reload