波打ちぎわのリトグラフ

たったひとりのわたしになって
故郷の浜辺を歩きだす
そこにはわたしの心がない
海は海
空は空
砂もまた
砂でしか在りはしない

傾斜のきつい水際を
おおきな波が駆け上がる
それは億年を隔てたきのう――
それはカウントを諦めた
遠いあしたに眺める波頭、襲いかかるすがた

願いが生まれるのを待っていた
海は海
空は空
砂は砂、のなかに

理由が生まれるのを待っていた
受け入れて
拒絶して
繰り返し変化を続けよう――
よりしろとなるものを

いまも始まりを覚えている
海は驚異の音をあげ砕け
空は鮮血を溶き遠くたえず堅牢で
砂もまた、その一粒ひとつぶが
かたくなに堅牢であった

永劫の足取りはいつしか始まりに突きあたる
けれど願っているもの――
理由として獲得したはずのそれらは
風が風であったあの頃のように
わたしを見つけてくれるのだろうか

すべてを捨てるなら
回帰もできる
海は海
空は空
砂は砂のなかで思い出の風も消える

けれどこの丘に立つならば
地表に散在する
あらゆる対極を直視してみるがいい
繰り返される略奪や搾取が
まるできみが産んでくれたわたしの子のように
美しい

こうして
過度の眼差しを求め
どうじにそれを
恐れている

はじめてしまった地球のうえで
愛や猟奇や安らかな心を
つぎつぎと演じてゆきながら

最後の音色が途絶えるまえに
いつまでもそのオルゴールを
巻きあげつづける――

――ことをためしてゆく



all reload