愛

空を分けゆくこの丘の速度も
温もる微睡みと溶けあって
既視感はルフランをつづけていますね
意味の薄い決めごとの言葉と――
鼓動を聴くのは
その受肉した
みなそこをつたって

初めて言葉を交わしてから
ずいぶんとトキが流れました

初めて理由を語ってから
ずいぶんとトキが流れましたね

わたしたちは――
これほどの奇跡のなかなのに
それを甘受できていない

わたしたちは――
実に多くの対象にそれを
与える余力を、残しているのにね

とても深い
磁気に浸かった記憶のそこ
鈍色の輝きに包まれて
波打ちぎわで掬った海からは
手にあまるその訳がこぼれ落ちました

滴る輝きの一つひとつが遠方のわたし

掬いとることのできた海のなかで

わたしは――
あなたたちに含まれている

あなたは――
わたしたちに含まれている

凍傷をぬくませる麻酔の風はふかない
偽薬だけが媚薬となり
手のひらを貫いたラインストーンは
求めた心とワルツを踊る
クリムゾンの刃渡りはその手記を溶けあわせ
兆しは膨大な血と肉で洗われ
ならべられ
組み替えられ
ディスクオルゴールのピンになる

そう

だれも見ていない川縁の梢で

つがいのカワセミが

おたがいを毛繕う

そのことを

だれも見ていない

ほんとうのそれは

だれもが知っているのに

語られることを求めていない

つがいは空を称さない

つがいはそれを称さない

みなそこに

ただそれが

そっとあるだけ





all reload