黒曜のつばさ

つめたい光の殺伐のなか
あかるむ暖色の点滅を数えつつ
あの高貴な網膜が
白銀を一身に舞い降りる

横向きの針と空を睨む
やさしさと微睡みの流れのなかで
いわれのない自らを知らず
痛みを知らず爪を磨ぐ

朝には乱雑なリズムがある
メロディーになる前の単音の沸きたち――
沸きたつ地表
暖色がすべてを溶かしゆき
それ以上に
その胚を数えてゆく

艶やかに千切れる桜色の繊維――
奥で輝くものを喰らい
朝のリズムを
その耳で数える
せまい額がすこしだけ温もる
風上を一睨し
冷気のただなかで孤立する

新たな網膜が舞い降りる
白銀を一身に
暖色に
ひろげた翼を点滅し
優雅に伸びやかなそのすがたで
ほとんど水平を眼差して
滑空する

網膜よそこで貫け
その胸もとが
気流の層に触れようという
こわばりを

「お前が見よう美しさは
  すべてお前のなかにある」

そして――
これから翼を使おうという
微かな動作を兆候に
わさりと朝を抱きかかえ
眼差しをいま
上向かせる

それがたとえようもない
完全な眼差し

その瞬間が
永遠に胸にあればいい





all reload