グレイッシュガーデン

ガラスをまるで肌のようにまとい
窓辺で庭を眺めていると
それは主のない灰色のスクリーン
傍らには――
緑がその葉を保っている
のぞめば手でふれることも――
きっとできる

庭、そこには
それをとりかこむあたりにも
雨がしきりなく落ちている

雨のなかでうずたかい炎があがっている
灰色の中心で
熱は潤いに刺されている

案ずるには異邦のスケールがもとめられる
こんなときも砂漠では
空がその青さを覚えている

パルサーが秒を溶かしている

わたしを知る人がそのモーメントに
きっとそれぞれ
ふれている

庭、そこでは
ガラスのさきの虚空を蹴って
わたしの熱が
巻きあがる

焔――
それを眼ざすもの
沼の底で眠る
関連をまつ記述のように

焔――
いま中心で揺れている
生じることで自らをうしない
放熱の果てに
泥の底へと

わたしは自らの熱――
そのこちらがわに在る
焔をひとつ泥へ投げこみ
沼、その漆黒の底より
灰をさらう

窓辺、それはデッサンの輪郭で黙りこむ
そして――

「真空を駆けた光はその葉にとじこもり
  灰の白ぎに緑をときあかす」

それをいま認めている
瞬きを境に――
わたしというものがきっと
生じては死する

この庭に他者を招こうという憧憬のなか
わたしというものがそう
有限の体内で
生じては死する

庭の主――
彼のものは全てを
放棄したままで





all reload