アルテミス

上からの波に照らされて
美しい傀儡に填め込まれたきみの眼球が受けとめる――
地平線で熱になった真昼がひとつ
ヴィブラフォンの静かな狂騒が沸きたたせる
刺すような
すり抜けるような
あきらめの朝がひとつ

その眼球はエウロパの温かいみなそこに沈んでゆく
尾ひれのようなものを靡かせていて
息をのみ――なにを見ているの?
オブシディアン となりあうバクテリア 氷の軋轢が遠くきこえ
動かない水圧のなかで忘れられる
束の間のプレイデッド 

この地球の――
乾ききったノイズがいま
肩ぐちに泡だつ
真理のいくえにも擬人化された時代を追って
ながれる雲はどんな地図の上にでもその手をかざすのだけれど
糸杉の立ち並ぶまっすぐな道をいつか見た人が歩いてゆき
その絵と結びつかない囁きはそう――
ねえ?空は切り取ってしまうと一瞬で死ぬのに
時はとこしえが身籠もった初めてのイノチなのに
――むこうから来る人といま笑みを交わしあって――
答えはいつも砂礫へ砂へ
唄い継がれて
ゆこうとするだけ?

きみが着た白いドレスが
忘れてしまうみなそこで
オーロラにみまがう
温かい水圧に照らされている
息をはこうとした瞬間――
それはこの地球のテーブルの上で気づきだされ
のされた虹をさかのぼりそして
まなざしの中で
空へとかえる

 優しいことで流れたものは
  なにもかも超えてあの海にかえるの

 あなたの克服したことはそう
  輪の水の通り道になってゆくの

空は見あげるとイノチを深め
時は背界(はいかい)の賛美歌を衝動にして
見ていたことや
唄ったことの胸飾りをやわはだに
とこしえのくれた狭間の夢を
慈しんでくれる

きみは振り返ると睫毛を伏せる
硬く尖らせた乳首のひとつを
微笑みと共にむかわせる

迷いのない
愛らしい笑い声がいま
野に溢れ
ペールトーンの山間をも埋めてゆく
おくるみのなかで力ない手が
つめたい
ちいさな空を掴もうとして――

(それは掴むと死んでしまうのに)

――そしてそう
わたしはきっとこれからもけして
だれひとりとして
かなしくはない




all reload