風のアルカナ

手の平にだかれる水の上の乳飲み子
空間を傷つけて白金の満ちた輝き
踊り子たちの短い影
巡る影
土を叩く
素足の潤いと温かさと
万物万有の絆の唄に
いまも流れでる世界のつづき

預けられる絡みあう螺旋の向こう
唄の向こう
空に
真昼の月は満ち欠けて
南へむかう群れがよぎると
とても遠いピアノのたえだえの音色よ
事切れる予感を
とこしえに裏切って

乳飲み子は洗われて水はしたたる
たくさんの重力
肌を皮膜した水はそこから
川の名を冠し
いつしか海に輪廻して
岩礁に立て掛けた刃渡りのような光のしじまの向こう
波光の手前
南へむかう群れはならんで
境界は無くなり
全域に
乳飲み子の声を響かせてゆく

そして空はたった一枚の水彩となる
―――海はたった一枚の油彩となる
人はみな一人きりの全宇宙となり
夢となり手応えを失って
けれど風が

そのころ少女は
ミランダのような小石の並ぶ
断崖に沿った小径を歩いている
言いつけられた朝摘みのハーブを小脇かかえ
海からの冷たい斜陽にのされた影の手足を大きくふり
そこでは誰からも見られていないのに
(意地悪をすることだってあるのに)
笑顔のまま坂を下り
詩をすりぬけ
(置き去りになるこどもの匂い)
肩をはずませるその背すがたで
潮風に髪を靡かせる

クロマツが潮騒にむけ懸崖している
水面から万感のデータが滲みだし
空はただひたすらに懐抱をつづけて



all reload