冷たい血(ピジョンブラッド)

遠くで空転するセルモーターのような音をたてて
雨上がりの街鳩が
乱れた空へと舞い上がる
崩された鐘楼の巣へと帰ってゆく
わたしは逞しい腕に抱かれたまま
つばさの溶けてゆく輝きを目に入れて痛みになる

抱いた手に力を込めつつんでくれる
鼻先に触れる生地に染み込んだ人間の匂いがたつ
こどもの頃を知らないくせに
わたしの影になるその力
半分だけ見たいようにわたしを見て
半分はわたしがそれになり
わたしはこどものわたしのことを
人の子のように覚えている

風が凪ぐと石畳は鏡面になる
つまさきで幾つもの輪をつくり
精霊が踊るのならそれだけで良いのに
まだらに脱毛して痩せた犬が
街並みを滲ませて歩いてく
暖かい光線が射し込んで
人間がいきれ
頬がはり
息づかい――
ふたりを包むこの外套が
すっかり乾いていたのなら良いのにと

残酷なことを知らなければ良いのに
なにも欲しがらないでいることを
赦してくれるのならいられるのに
滲んでゆく一滴の血のしずく
小さな鼓動
確率の低い膨大なマトリクスへと
はぐれた蜂はその水を含み
痩せた犬よ
雨上がりにも虹をもとめず
地中へ遠ざかる複雑な空の奧底に透けている
ストラトスフィア
見あげると明るんで奥行きを回帰する
二層の空

敷き詰められた鏡面をザラメで覆う
街路の風は乾いた緩急でこそばゆく
頬に冷たい
砕かれてゆく小さな思い
輝きに触れたなら音もなく反射する
ニュートリノの無数の矢――
時もなく
速度もなく
夥しく
わたしを正確につらぬいて
わたしの虚空へ潰えてゆく
そこには痛みなどあるはずもない
抱かれたまま見あげると手をのばしそして
指のあいだで重なった雲と
太陽と――
溢れる放射と
街並みを低くかすめてゆく

ちぎれ雲はやい




all reload