五月の野営

 [ open ]

 ニックを主観とするヘミングウェイの短編、主に釣り小説に対するトリビュート短編です。創意激減のためエチュードのようなつもりで書いたものの、自分の書いてゆきたいものとは違うので、ウェブ掲載にしておきます。  
(約20000字。2009/10/31 初稿脱稿。)

デビルズ・ワルツ (R18)

 [ open ]

 ナイン・セフィラー直径の幻想文学です。この小説でナイン・セフィラーがある適度まで補完されます。一部、バイオレンスな表現を用いたので、R18指定にしときます。  
(約19000字。2008/11/30 初稿脱稿。)

ナイン・セフィラー

 [ open ]

 幻想文学のショート・ショートです。描かれる世界も国籍も、全て読者に委ねます。著者は描写を置くだけで、実際そをこ歩くのは読者なのです。想像力溢れる読み手に出会えるといいな。
(約9000字。2002/06/06 初稿脱稿。)

チャイム

 [ open ]

 さらりと読まれるためにさらりと書いた作品です。括弧を用いた科白も多く、そういった意味でも、あまり読み手を選ばないかもしれません。主人公の岩沢桂太は、私の短編小説で、これからも幾度となく登場することでしょう。
 (約14000字。2001/11/09 初稿脱稿。)

砂漏は蜂鳥の溺死体に何を遣るか

 [ open ]

 小説文体に対する、私のモラトリアム的作品です。主観の視点、小説の時間経過の面で、無駄とも思えるような努力をしています。読み手によっては、かなりの難文だと思います。それでも私にとっては大切な作品のひとつです。この執筆で帰納したものが、その後の作に活かされているのです。
 (約24000字。2001/10/25 初稿脱稿。)




all reload